御挨拶

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 農経新聞社は、昭和39年6月、元・産経新聞社社長で元・東京タワー会長の前田久吉氏(故人)が、青果物流通業界の指針となるべく創業し、同時に「農経新聞」を発刊しました(同年7月13日、第三種郵便物認可)。昭和45年4月、私の父である、元読売新聞社・流通担当記者の宮澤藤吉(前・弊社代表取締役会長)が継承しました。

 それまで青果物流通といえば、卸売市場が中心でした。そのために、青果物流通は、「=卸売市場流通」という認識が強く、青果物流通関連のマスコミ専門紙も、卸売市場流通だけを扱ったものが多かったといえます。

 しかし、故・前田氏は宮澤藤吉に、「この青果物流通業界において、単なる“いちばの業界紙”にとどまらない、業界全体の経営指針となる専門紙を創ってくれないか」という願いを託しました。宮澤藤吉以下スタッフは、それに応えるべく、紙面強化に努めてまいりました。

 その後、昭和53年1月には株式会社組織に変更。平成4年6月から、私が社長に就任しております。

 さて、青果物流通を取り巻く環境は、バブル崩壊、人口増から人口減へ、単身世帯の増加、輸入品の増加、安全性への関心の高まり、業務用需要の増加、卸売市場の委託手数料自由化をはじめとする規制緩和の進展など、激変しています。ただし、そのような中にあっても、青果物流通というものは、国民の健全な食生活を実現する上で、なくてはならないものと考えます。

 その「なくてはならない」という観点に立った時に、最も重要なことは、流通業者の営業活動が、例え行政の保護がなくとも立派にビジネスベースに乗り、継続されていくことです。

 そのために当社では、創業以来の理念である、青果物流通業者の皆様に経営面でお役に立つべく、今後とも紙面充実を第一に、各種の啓蒙活動等にも、まい進していく所存です。

株式会社 農経新聞社
代表取締役社長 宮澤 信一